全国の神社や寺、パワースポットをご利益別にご紹介!

希望・心願成就

縁結びと立身出世 奈良の長谷寺 – 真言宗豊山派総本山 –

長谷寺

縁結び 安産 美と富 病気平癒
奈良県桜井市

長谷寺の由来
全国に広がる長谷観音の根本像、ご本尊 十一面観世音菩薩が安置されている、ここ奈良の長谷寺は、山号を豊山(ぶさん)と号し、朱鳥(あかみどり)元年(686年)、道明上人が天武天皇のために「銅板法華説相図(どうばんほっけせっそうず)」を初瀬山西の岡に安置したことにはじまり、後、神亀(じんき)四年(727年)、徳道上人が聖武天皇の勅願により、ご本尊 十一面観音菩薩を東の岡にお祀りになり、長谷詣、長谷信仰が全国に広がりました。天正十六年(1588年)専誉僧正(せんよそうじょう)がご入山されてより、長谷寺は関係寺院三千ヶ寺を有する真言宗豊山派の総本山として、また西国三十三所第八番札所として、檀信徒は約二百万人、四季を通じて「花の御寺」として多くの人々の信仰をあつめています。

四季と親しむ

四季を通じて「花の御寺」として親しまれている長谷寺。境内には、ボタン、桜、枝垂れ桜、アジサイ、スイレン等、四季折々の花が植えられ、「花咲かば堂塔埋もれつくすべし」と 虚子の句に表されているように、桜は吉野と並び遥か昔からの名所となっています。

芝桜

アジサイ
スイレン

てっせん

ボタン
もみじ

だだおし(追難会 – ついなえ -)

ごりやく

昔々、馬頭夫人という馬のような顔立ちの女性が、長谷寺の観音様に悲願して美しい姿に変えていただいたという言い伝えから、美のごりやくがあると伝えられています。

馬頭夫人のお話し

昔話の「わらしべ長者」の通り、貧しい若者が、長谷寺の観音様のお告げにより”わらしべ一つ”を手に旅に出て、後に大きな富を得たという言い伝えから、富のごりやくとしても有名です。

わらしべ長者のお話し

なんと言っても、長谷寺のご利益といえば「縁結び」。平安時代の女性からも大人気で、当時の彼女らは、長谷寺のご利益や想いを日記、物語に残しています。そして今もその人気は衰えることなく、多くの女性から親しまれています。

真言宗豊山派総本山 長谷寺詳細

■ 基本情報

  • 名称:長谷寺(はせでら)
  • ご利益:縁結び 安産 美と富 病気平癒など
  • 住所:奈良県桜井市 初瀬 731-1
  • 電話番号:0744-47-7001
  • 拝観:8:30~17:00(4月~9月)/ 9:00~16:30(10月~3月)
    ※牡丹まつり期間等時間延長あり
  • 拝観料:大人:500円 / 中・高校生/500円 / 小学生:250円
    障害者手帳掲示の場合:250円 ※同伴者1名に限り障害者割引適用
  • 駐車場:二輪:200円 / 普通車まで:500円/大型バスまで:2,000円
  • アクセス:電車でお越しの方
    大阪方面・名古屋方面から 近鉄大阪線長谷寺駅を下車、徒歩15分
    ※春のシーズンには急行が臨時停車します
  • アクセス:お車でお越しの方
    ルート1 名阪国道を針インターで下り、長谷寺の看板に沿って直進
    県道38号線を道なり。長谷寺の裏手から駐車場に
    ルート2 名阪国道を針インターで下り、国道369号線を榛原・桜井方面へ
    榛原で国道165号線を右折(西進) 初瀬西の信号を右折し門前町へ
  • HP:http://www.hasedera.or.jp/
サイトからの情報各種ご祈祷、ご先祖様を始め、有縁の精霊をご廻向、ご供養の法要を行っておられます。
詳細は直接お問い合わせをいただくか、長谷寺ホームページ ご祈祷の案内 | 日牌・月牌 ご廻向受付 をご覧ください。